切手買取りの知っておきたい事

何故、ネット宅配の切手買取りがお勧めなのか?

切手買取りまとめサイトです。当サイトでは切手の買取りを希望する方・売却したい方に向けたまとめサイトです。

切手買取りの媒体には「リサイクルショップ」「金券ショップ」「買い取り専門店」などさまざまなありますが、切手買取りで注目を集めているのが「ネット買取」です。

 

切手の買取りはネットお得!?

  • 近くに買取りを行う店舗がない
  • 時間がどうにも作れない。
  • 遠方で訪問してもらえない。

こんな方は切手買取りをネット申し込みから始めてみてはいかがでしょうか?

 

大手宅配業者や、ゆうパックなど、日本全国を網羅している業者に、荷物を預けるだけで良いのです。
小さなお子さんから目を離せない、そんなお母さんも、いつもの様にお子さんの世話が出来るのです。
自宅訪問で、玄関先で対応している間、ちょっと目を離した隙に、などという事もなく、いつもの通りに過ごすことが出来ます。
申し込んだら、必要な書類を用意、記入し、各店舗のマニュアルに沿ってメールしたり、品物を送るだけです。

 

 

切手買取りまとめサイト|切手買取りをする前に見るサイト

 

鑑定士が査定、高額買取りになりやすい。

自宅訪問の場合、どうしても依頼者宅に赴く人員を派遣しなくてはならないので、多数の鑑定士を派遣する為、査定にばらつきがでてしまいがちです。
結果、正しい査定を受けられない、安めの査定で即決しなくてはならない、という事もある様です。
はっきりしたデータがない場合、高めの査定になる事より安めに収まる事が多い様です。

宅配買取りの場合、専属の鑑定士がしっかりと鑑定、査定してくれるので、その時点での店舗のレートに正しい結果となり、高額買取りになるのです。

 

やり取りに多少の時間はかかりますが、逆にその時間でゆっくりと考える事も出来るし、見直しも検討出来ます。
配送料、キャンセル料などは負担しない所が殆どですが、店舗によって少しずつ条件が違うので、自分に合った業者を探してみましょう。

 

出来る限り、新しい状態である

もし、あなたが、何かを集めていたとしたら、どういう状態で、どういう物が欲しいと思うでしょうか。
切手も同じです。

目打ちと呼ばれる切り取りの為の穴の部分が端である場合、出来るだけ美しくあった方がより高くなりますし、シートであれば端の白い部分が折れたり切れたりしてない方が高い評価を得ることができます。

勿論、絵柄などにシミや汚れがない事、糊面に埃や、ゴミが付いていない事なども重要なポイントです。
糊が痛んでいない事も、ポイントになります。でんぷん糊の性質上、湿気などで劣化しやすいので、出来るだけ元の状態に近いほど、査定は高くなります。

ネットで切手買取りが出来る場所は?

ネットで切手買取りが行われる様になったのは、平成十五年四月一日に、古物営業法が改正された事によります。

 

切手買取りの郵送のみで取引する場合、必ず用意しておきたい物

切手買取りにはこの為、対面査定で必要であった身分証明である、免許証、健康保険証、パスポート等のコピーは必須であると共に、査定依頼品の発送を行う発送者の名前と住所、買取り時の振込先の口座名義が、身分証明と同一である事が条件になります。

 

店舗の査定依頼書をプリントアウトし、必要事項を記入の上、上記の証明書のコピーを添付し、査定したい品を発送します。
切手買取りの査定は保存された状態から一つ一つ鑑定される為、キャンセルなどで返品を希望される場合は、同じ状態ではない事があります。
また、発送は無料の所が多く、配送用キットを送ってくれる所もあります。切手買取りのキャンセル時の返送費用は依頼主の負担になる場合が殆どです。

 

対面査定、自宅訪問等で査定依頼をする場合

切手買取りをネットで申し込み、対面査定を依頼する場合は、まず店舗に電話をし、依頼者の査定時の状況や場所、時間を相談の上、必要な証明書等を用意します。
例えば会社勤務中の昼休みに、近くの喫茶店でお願いしたい場合や、家族が外出している間にお願いしたい、出先で立ち寄る場所で等、気軽に相談してみる事です。

 

切手買取りの査定自体は、そんなに時間は掛からず、およそ15から30分程度と思っていていいです。
依頼の際に、大まかな切手の種類や数なども伝えられる様にしておきましょう。
切手買取りの自宅訪問の場合、玄関先で査定は行われます。
また、切手買取りでの対面査定の殆どが無料で行われます。

 

依頼したい店舗が遠方である場合は郵送による査定、15?30分程の時間を作ることが可能な場合ならば、対面査定を選ぶのもいいでしょう
切手買取りの対面査定の場合も、身分証明書のコピーは用意しなくてはなりません。

高く買い取ってもらえるコツ

切手買取りは出来るだけ高い値段で買い取ってもらえる方がいいですが、高額売却にはどんな事が必要なのでしょうか。

 

切手は保存状態が良い

査定の条件と重なりますが、保存状態はとても大切なポイントです。

切手の保存にはストックブック、ストックリーフと呼ばれる物に保存します。

 

  • ストックブックは、アルバム状になった物に、横一列にフィルムが数段に分かれたポケットになっていて、そこに切手を入れて保存する様になっています。

ストックリーフは、シートが収まるものから、一枚に二つから四つ程の区切りが付いたポケット状の物で、これに入れた切手をファイリングしていきます。
どちらもネットで購入可能で、様々タイプがあります。
また、100円均一ショップなどに売っているクリアファイル等でもいいので、綺麗に保つ様にしましょう。
切手買取りにはこういう保存が影響を及ぼします。

 

切手の取り扱い方

折角、保存環境を整えても、皮脂が付いたりすると、そこから変色したり劣化したりする事もあります。
取り扱いは、手袋をして、先にギザギザなどがない、尖っていないピンセットを使う様にします。
ギザギザや尖ったピンセットは、取り扱い中に大切な切手を傷付けてしまう事があります。
切手買取りで有利に立つためにここも抑えておきましょう。

 

ハウイドマウントと呼ばれる透明の保護フィルムで保護するのも良い方法です。
パラフィン等でも代用できますが、パラフィンは柄などが表から見えにくく、その都度、出し入れしなければなりませんが、ハウイドマウントであれば透明なので、状態の確認も速やかに行えます。
更にクリアケースに入れ、仕分けをしっかりと行いましょう。

切手買取りの際に、高額になるためのコツでした。早速実践してみてください。