切手の種類について

買い取ってくれない切手を知っておく

いざ査定まで決まっても、買い取ってもらえなかったりしたらショックです。買い取ってもらえない事ってあるのでしょうか。

 

買い取りの判断は店によって違う

 

切手を換金出来るのは、切手専門店と金券ショップで、郵便局では一枚当たり5円の手数料を払い、金額を合わせてシートに変える事しかできません。
金券ショップなど、オフィス街に店を構える所では、趣味の切手より、普通切手の需要が高いので、在庫として残る可能性のある趣味性の高い切手は、余程のもので無いと買い取らない場合もあります。
ビジネスにすぐ使われる切手の方が、回転率も高く、利益に繋がりやすいからです。

 

  • 切手専門店では比較的、その判断が違ってきます。
  • 中にはどんな切手であっても買い取るという所もあります。
  • 査定の前に、その点も確認しておくと良いでしょう。

 

買い取りが困難になりやすい切手とは

まず、バラの普通切手で、5円、10円以下の切手は、取り扱いを断られる可能性が高い様です。
バラで額面が低い切手は、需要が低い上に、郵便局でシートに替えても手数料の方が高くついてしまいます。

 

破損や変色が激しい切手や、郵便局で手数料を払っても替えてもらえない額面の確認が出来ない切手も、買い取りされない可能性が高いと言えます。
かなり価値のある切手であっても、保存状態が悪いと、同じ額面であっても、良い状態の物より買い取り額が変わってしまいます。
出来るだけ早く、良い保存状態にし、査定しやすい様に仕分けして置きましょう。